院内のご案内


エントランス

受付


診察室入口

待合室


検査のご案内


<高性能超音波>

■ 心エコー

 超音波で心臓肥大や心臓の収縮力が低下していないか、

 心筋梗塞の診断、またカラードップラー法も使用して

 心臓弁膜症の有無やその程度も見ることができ、循環器科

 では大変重要な検査です。

 

■ 血管エコー

 超音波で主に頸部の頸動脈診ます。

 これにより血管の動脈硬化の程度が画像で見ることができる

              ので、脳卒中の予防などに役立ちます。

              その他、甲状腺の病気の診断にも用います。

 

             ■ 腹部エコー

                                             脂肪肝、胆石の有無や腹部大動脈の動脈瘤の診断に使用して

              います。                                

<ホルター心電図>

  24時間の心電図を記録し、コンピューターで蝕知します。

  これにより不整脈の有無や程度(いつどのような不整脈が出ているか、危険な不整脈

  か)や狭心症を診断します。

  当院では最軽量のホルター心電図を使用しており、検査中もあまり気にならないよう

  にしています。

  また、解析機も備えていますので20分~30分で結果を見ることができます。

  24時間機械をつけますが、不整脈の診断や治療にとても大切な検査です。

  必要な時は、お勧めします。

 

<ペースメーカーチェック>

  不整脈の治療に、ペースメーカーを使っている方のバッテリーチェックなどを行って

  います。     

 

<睡眠時無呼吸症のスクリーニング検査>(経皮的酸素飽和モニター)

  いびきの強い方に認められますが、10秒以上呼吸が停止する方がおられます。

  本人は気づいておらず、家族が見つけることが多いです。

  これを繰り返すと睡眠時無呼吸症と言います。

  睡眠時無呼吸症の方は熟睡ができないので、日中の活力が低下し、日中すぐ眠くなっ   

  たり運転中の事故の原因になったりします。

  また、熟睡ができないので、疲労がたまり高血圧や不整脈の誘因にもなります。

  簡単なスクリーニング法として、手の指先に装具をつける検査で見つけます。

  自宅でいつもの状態で測定できます。